甦りのテクニック  シューズ編 その3
                 〜サテンシューズが色あせた場合


サテンシューズは白を基本として販売されています。
ありすでは、色が少しあせた(白ならオフホワイトになったということ)シューズを
アウトレットシューズとして販売することもしております。

履いてしまえば白もオフホワイトも大差ないので、そのままお履きになる方も
多いのですが、もちろんお好きな色に染めることができます。
中には最初は「白」のまま履かれ、飽きてきたら「黒」に染色する方もおいでになります。

ただ、きれいに染めるのなら、1回も履かない段階で染めることをオススメします。
というのは、何回か履くうちに油や汚れがシューズに付着し、その部分が染料を
はじくので均一に染められないからです。

アウトレット品はありすではお染めする事は出来ませんのでご自身でして頂く形になりますが
意外に簡単ですのでチャレンジなさってはいかがでしょう?

染め粉は1個¥500です。
カラーは黒・茶・黄・赤・青・紫の6色です。絵の具のように混ぜて色を作ることも出来ます。


 
染め方 

染料を深めの容器に少しいれ、水またはぬるま湯で溶きます。
(ぬるま湯の方がよく溶けます。)

注:染料を1個まるまる溶くと多すぎです。粉は最初は少なめにいれ、
加減をしながら足します
「粉の絵の具を溶く気持ち」で、加減をしながら水を足していくとよいと思います。

溶いた染料を刷毛(はけ)で塗っていきます。
最初から濃い色で塗るともう薄くは出来ませんので、薄めの色がオススメです。
重ねて塗ることも出来ます。

コツはシューズの底面が上に来るように逆さにして手に持つ事!
こうして塗ることで、染料がたれても靴の中に入らず中はきれいなままです。

よく色止めに塩を混ぜる方もいますが、この染料には不要です。
かえって加えるとよくありません。

塗り終わったら自然乾燥で1日おくか、またはドライヤーの「冷風」でさっと乾かします。
以上で素敵なシューズの出来上がり!




シューズ編 その4へ移動