甦りのテクニック  シューズ編 その1
  〜折角買ったのに、何だか履くと痛い!という場合
  

一般にモダンのダンスシューズはぐっと踏み込んだときに、指先に1センチほどの
あまりがあるのがちょうどよいと言われますが、それも人により千差万別です。

ピタッとしていてあまりのないくらいがちょうどよいとおっしゃる方もいます。
中には履いているうちに足になじむから、少し小さ目を買ったほうがよいという方も・・・。

でもこの1番最後の選択はあまりオススメできません。
買うときに足にフィットしてるのが1番です。小さ目を無理に履いていると女性の場合は
外反母趾の原因の1つにもなります。

ですから履いて痛い!というシューズはアウトです。

・・・・とは言っても、もう買ってしまって1回踊っちゃったし・・・。

こういう場合は、
シューズストレッチャーで、貴方の足に合うようにシューズを伸ばしてしまいましょう!
女性用は¥5000・男性用は¥6000で販売しています。

シューズの中にいれ、リングを徐々にまわしていきます。
そうすると、幅がだんだん広がっていきます。
くれぐれも急に伸ばさないように・・・。
無理をすると「ベリッ」という音とともに、シューズが壊れます。(^^;;;
革伸ばしスプレーなどをかけてそっと加減をしながら伸ばしていくのがいいでしょう。

お近くの懇意の靴屋さんなどに頼めればそれもOKです。
意外と気軽にやってくれる??はず。



シューズ編 その2へ移動